ホーム > 活動内容 > ミャンマーについて

ミャンマーについて

ミャンマー

ミャンマーの地図

面積:680,000km2(日本の約1.8倍)
人口:6,367万人(2012/13年,IMF推計)
言語:ミャンマー語
首都:ネーピードー
通貨:チャット (Kyat)

在留邦人数:891人(2013年10月現在)
在日当該国人数:8,709人(2013年6月末、外国人登録者数)

※出典:外務省ウェブサイト

ミャンマーの様子

ミャンマーには小さなすり傷から感染症に。そして5才になる前に命を落としてしまうこどもたちがたくさんいます。
出産前後の感染症による母子の死亡率も高まっています。
ヤンゴン近郊地域には孤児のこどもたちが通う学校があり、こどもたち自身が「托鉢用の器」を作って売ったり、キノコ栽培を行って食事にしたりと自立を目指しています。
医療環境面においては、白内障を患っている方が多く、それが原因で仕事ができず生活が困難な方も多くいます。
小さな傷は最初の処置で感染症予防になります。

ミッション

  • ミャンマー国内の健康教育推進支援
  • 遠隔地域医療保健支援
  • 科学技術立国のための人材育成支援

こどもたちをとりまく環境は日々、変化しています。
上記の活動以外にも、状況に応じた活動を行っております。
詳細は、以下の「活動報告」にてご紹介いたしますので、ぜひご覧ください。

活動報告

活動内容
  • 寄付をする
  • 寄付モノ

FGCニュース 世界こども財団の活動をチェック

星槎グループ

人生を逆転する学校(宮澤保夫)

Amazonや書店にて好評発売中!角川書店 1,500円(消費税別途)

売上の一部は本財団に寄付されます
<書評はこちらから>
» 読売新聞掲載分
» 十勝毎日新聞掲載分

関連書籍

法人・団体会員

株式会社DOE

株式会社DOE

本財団の賛助会員であるDOE様(横浜市)に、ホームページを制作していただきました。

» 法人・団体会員一覧