「約20,000人(オンライン含む)がアフリカ・アジア・日本、現在と未来の懸け橋になる」

 

天候に恵まれ、テーマ「“知繋(ちけい)”=知ること、繋がること」を掲げ、6回目となるSEISA Africa Asia Bridge 2020を開催いたしました。新型コロナウィルス感染症対策を入念に行い、オンライン上においても、6チャンネルを作り実施いたしました。アフリカ、アジアの国々を対象に、ご協力いただいた大使館が6ヵ国、日本・UNDP(国連開発計画・ニューヨーク)・ヤンキン教育大学附属中高(ミャンマー)を合わせると9ヵ国以上、約20,000名(オンライン含む)の皆様と共に、学びと関わり合いの輪を広げることができました。また神奈川県黒岩知事からも力強いメッセージをいただきました。全国の生徒と近隣の皆様の協力によるSAABの学びは、より発展し、多くの方々にご称讃をいただきました。アフリカやアジアの国々と国連の掲げるSDGsについての全国の中高校生によるプレゼンテーションや、トップアスリート、パラアスリートをお招きし、それぞれのご経験や、スポーツを通した世界との関わりのお話しをいただいたこと、フィナーレでは、メイン会場・オンライン上で多くの方々が協力し未来に向けて活動したことなど、皆様の心に残るシーンも多かったことと思います。来年も開催を予定しており、引き続き、さらに多くの皆様と共にSEISA Africa Asia Bridgeを作っていきたいと思います。

※詳細は、HPでご確認ください。   https://seisasaab.com/

 

有森裕子様との夢トーク「陸上競技を通じて世界と繋がる」後に記念撮影

 

階戸健太様との「パラアスリート夢トーク」に出演する星槎の留学生

 

SAAB2020開催報告

戻る