ホーム > 活動内容 > 日本について

東日本大震災について

日本

日本の地図

2011年3月11日。東日本大震災。
世界こども財団は、『命を繋ぐための物資支援』『風評被害に向けて』とその場の状況把握を行いながら活動しています。現在は、福島県相馬市に拠点を設け、『教育・医療の再生に向けて』こどもたちに対する心のケアに繋がる活動を継続しております。
ご芳志を賜りました皆様には誠心より御礼申し上げます。また、活動を継続するためにも皆様にご理解を賜り、更なるご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

東日本大震災 国内緊急支援

東日本大震災発生 2011年3月11日 東日本大震災発生
命を繋ぐ支援物資 2011年3月11日~4月6日【命を繋ぐ支援物資】
風評被害に向けて 2011年4月12日~【風評被害に向けて行動開始】
教育・医療の再生 2011年5月1日~【教育、医療の再生に向けて】

教育環境支援班

組織構成
世界こども財団設立者 宮澤保夫を筆頭に、星槎大学や不登校対応でも実績のある星槎グループの各学校の教職員と連携し構成
活動内容
カウンセリング)生徒児童、教員、幼稚園教諭、保護者(福島県) 対象
特別支援教育研修会)小学校等(福島県)にて実施
随時授業サポート)磯部小学校、磯部中学校(福島県)他
実施総人数 約8,500人(2016年9月までの実績)

医療支援班

組織構成
東京大学医科学研究所先端医療コミュニケーション社会連携研究部門 上昌広特任教授(現:特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所理事長)を中心に東京大学の教授や学生のほか、医師や看護師、また星槎大学や星槎グループの各学校とも連携して構成
活動内容
放射線説明会)一般市民、教職員、医療関係者 対象
実施総人数 約3,400人(2016年9月までの実績)

両班合同実施

活動内容
健康診断・健康相談) 一般市民 対象
実施総人数 4,400人(2016年9月までの実績)

活動報告

活動内容
  • 寄付をする
  • 寄付モノ

FGCニュース 世界こども財団の活動をチェック

星槎グループ

人生を逆転する学校(宮澤保夫)

Amazonや書店にて好評発売中!角川書店 1,500円(消費税別途)

売上の一部は本財団に寄付されます
<書評はこちらから>
» 読売新聞掲載分
» 十勝毎日新聞掲載分

関連書籍

協賛

株式会社DOE

株式会社DOE

本財団の賛助会員であるDOE様(横浜市)に、ホームページを制作していただきました。

» 協賛企業一覧