Home > 活動報告 > ミャンマー > 救急車寄付・短期留学生受け入れ等に関して式典と昼食会を開催

救急車寄付・短期留学生受け入れ等に関して式典と昼食会を開催

[2013.12.04]

SEISA Lunch for Action1t

2013年11月20日(水)Chatrium Hotel Royal Lake Yangonにおいて、「The SEISA Lunch for Action」が開催された。日本ミャンマー協会と神奈川県の協力を得て、約50名の参加者が集まりました。

SEISA Lunch for Action2t

出席者はミャンマーの保健省、通信省、科学技術省関係者と、USDP(ミャンマー与党である政党)関係者、また神奈川県知事、在ミャンマー日本大使館公使等。

SEISA Lunch for Action3t

創設者の宮澤保夫、黒岩神奈川県知事、土屋了介世界こども財団代表理事からの挨拶に続いて、保健省への救急車2台の寄付と、科学技術省と短期留学プログラム受け入れ表明、通信省への通信機器寄付のセレモニーが行われました。世界こども財団へは各省から感謝状が贈られ、保健省副大臣 Dr. Thein Thein Htay からは「Mr.宮澤の情熱がとても印象的で、深い感謝をしています」とのお言葉をいただきました。

 

 

参考記事
【ミャンマー】日本の団体が救急車寄贈、ミャンマー医療に貢献
NNA 11月21日(木)8時30分配信
記事URL:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131121-00000017-nna_kyodo-asia

  • 寄付をする
  • 寄付モノ

FGCニュース 世界こども財団の活動をチェック

星槎グループ

人生を逆転する学校(宮澤保夫)

Amazonや書店にて好評発売中!角川書店 1,500円(消費税別途)

売上の一部は本財団に寄付されます
<書評はこちらから>
» 読売新聞掲載分
» 十勝毎日新聞掲載分

関連書籍

法人・団体会員

株式会社DOE

株式会社DOE

本財団の賛助会員であるDOE様(横浜市)に、ホームページを制作していただきました。

» 法人・団体会員一覧