Home > 活動報告 > エリトリア > インディペンデンス・ウィーク、ハイライトへ

インディペンデンス・ウィーク、ハイライトへ

[2017.05.25]

エリトリアのインディペンデンス・ウィークは、5月24日、水曜日、そのハイライトを迎えました。政府主催の式典がスポーツのメッカ、アスマラ・スタジアムで16:30-18:30まで華やかに開催されました。世界こども財団・星槎グループのパートナーである文化スポーツ庁長官ゼメデ・テクレ氏が開会宣言を、ティグリニャ語、アラビア語の両方で行い、大統領のスピーチが続きました。世界こども財団・星槎グループの派遣団も皆、VIPとして式典に招待されました。特に宮澤氏は閣僚席の隣に位置する外交団シートに招かれ、エリトリア政府が世界こども財団・星槎グループをいかに重視しているかを思わせました。整備されたフィールドではこの国の歴史がドラマ仕立てで演じられました:植民地時代の抑圧、解放のための長い過酷な戦い、そして待ちに待った独立、だが国境紛争が起こり再び混乱、そしてようやく再生に向け動き出しているというものでした。この歴史は若い世代にも引き継がれていますが、彼らが「自分の国の歴史として」真に理解しているかは疑わしいところがあります。それでエリトリア政府をあらゆる機会を捉えてこのことを説明し、その上で若者にこの国の将来を背負ってもらいたいと考えているように映りました。式典は9つの民族が協力し、平和に向かって努力し、自国の将来を築いていくシーンで終わりました。打鼓音の若いメンバーには、社会に対する責任を改めて確認する良い機会になったように思われます。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_252b

開会宣言をする文化スポーツ庁長官、ゼメデ・テクレ氏
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2537
演説するイサイアス大統
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2514
外交団VIP席に招待された宮澤氏

 

 

 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_258c

解放は達成したが、まだ苦難は続きます

  UNADJUSTEDNONRAW_thumb_25e6

9つ全ての民族が協力し、平和を達成し、自国の発展に向かう

  • 寄付をする
  • 寄付モノ

FGCニュース 世界こども財団の活動をチェック

星槎グループ

人生を逆転する学校(宮澤保夫)

Amazonや書店にて好評発売中!角川書店 1,500円(消費税別途)

売上の一部は本財団に寄付されます
<書評はこちらから>
» 読売新聞掲載分
» 十勝毎日新聞掲載分

関連書籍

法人・団体会員

株式会社DOE

株式会社DOE

本財団の賛助会員であるDOE様(横浜市)に、ホームページを制作していただきました。

» 法人・団体会員一覧